苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

噂のマウス

これが噂の「カツのマウス」です!
一般的なマウスとは、形も操作方法も異なりますが、機能は充分です。

上の方にある「グレーのボタン」で「上下のスクロール」が出来ます。
真ん中あたりにある「青いボタン」でカーソルを「上下左右」に動かせます。

ちょっと見えにくいですが、下の方に「黄色いボタン」があって、
これは「ドラッグ」する時の為にあります。
ゲームセンターにある「UFOキャッチャー」の「掴むボタン」と同じ機能です。

この「黄色いボタン」の左隣(写真では、手で隠れて見えませんが)には、
「緑のボタン」がふたつあって、ひとつは「クリック」もうひとつは、ひと押しで「ダブルクリック」が出来る様になっています。

パソコン本体との接続は、普通のマウスと同じく「USB端子」です。
(もちろん、希望すれば「ワイヤレス」にも出来るそうです。)

マウス



ここまで来るのに、結構時間がかかってしまいましたが、それは失調の大きいカツにとって、小さなボタンを操作するのに、かなりの困難があったからです。
「どうすれば、正確にボタンを押せるか?」とOTの方々が一生懸命考えて下さいました。
そして、出た答えがコレ!!
「棒状の物」を握っている事は出来るので、コレで「ツツく」様にボタンを押して、操作をすれば良いと判明しました。
ちなみにコレは「マドラー」です。その前は「割り箸」でした^^;

棒



それから、パソコンの手前にある「黒い物体」は、手の支えです。
この「支え」に手首を乗せて、滑らせる様にして、手を左右に動かします。
こうする事によって、失調による「タイピング・ミス」が激減しました。
手に軍手をはめているのも、滑り易くする為です。
この物体自体は、ダンボールの板に、書類用のプラスティック・ファイルを被せて作られています。使用時は動かない様に、使用していない時は取り外せる様にと、マジックテープで取り付けられています。

画面


こんな、カツのマウスの様な特殊機器(ハード)は、もちろん世の中の技術の進歩のお陰ではあるのですが、それを「どうすればカツが使いこなせる様になるか?」という工夫、使い勝手(ソフト)が決定するまでに、随分と試行錯誤がありました。また、使用する物も「出来る限り日常的な物」を利用する、というOTの方の「環境設定に対する姿勢」にも、とても感銘を受けました。心から、感謝の意を表したいと思います。

本当に有難うございました!!

負けない記念

10月22日は、カツが倒れた日。
今日でちょうどまる6年になる。

「命の保証は出来ない。」と言われ、
「植物人間になるかもしれない。」と言われ、
「一生、耳は聞こえないかもしれない。」と言われ、
「口からの食事は難しい。」と言われ、
「その『痛み』は薬では治らない。」と言われ、
「余程の奇跡でも起らない限り、歩行は無理。」と言われ・・・。

数え出したらキリが無い程、沢山の「悲しい言葉」を聞いてきた。
その度に、どのくらい傷ついて、どのくらい泣いたか、分かりやしない。
もう、このまま二人で死んでしまおうかと、何度思った事だろう。

でも、その度にいつも、こんな事でくじけてちゃ駄目!と自分を叱ったよ。
「ガンバレ、カツ!」
「ガンバレ、私!」
そう励まして、何とかここまで歩いて来れた。

「未来」の事を考えると、そりゃあ不安な要素は数限りない。
それでも「過去」を振り返れば、よくもまあ、ここまでやってこれたね、と
自分で自分を褒めてあげたくもなる。

今日は「悲しい記念日」ではあるけれど、
私達の「闘いが始まった日」ではあるけれど、
それでも「負けない!と決心した記念日」にしなければいけないと思う。

Tomorrow is another day!

与えられた「命の期限」を精一杯「生ききる」為に、
最後の最期の、その瞬間に、決して悔いが残らない様に、
今日のこの日を忘れてはいけないのだと、強く強く、そう思う。

カツの戦利品

最近のカツは、ほんの少しずつだけど「自分の手で出来る事」が増えてきた。
(手の失調が減ってきたのかな?)

「少し出来る」→「嬉しいから、またやる」→「また少し、上手く出来る」
そんな事の繰り返しが、日々の暮らしの中で「良い循環」を生み出している気がする。

テレビのリモコンだって、自力で使える様になって来た。
だから自然と、カツが使うテーブルの上は、色んな道具で一杯になる。

どこかが痒くなった時に使う、孫の手やヘアブラシ。
ヘアブラシに付いた髪の毛を取り除くためのガムテープ。
ティッシュの箱、それからゴミ箱(これは足元)、飲み物が入ったコップ。
エアコンのリモコン、テレビのリモコンと、番組表。
そして最近は、そこに「爪やすり」も加わった。

これら全ての「小道具達」こそが、まさしくカツの回復のあかし。
そしてこの、果てしないとも思える闘いの「戦利品」なのだ。
「ああ、やっとここまで来たんだ。」と、確かな手応えを感じさせてくれる。

お陰で私は、今日は美容院に行く事が出来た。
久しぶりだったから、パーマをかけて、色も明るくして、おまけにメッシュも入れてもらった。その間、約3時間ちょっと、カツは一人で、お留守番。

出かける前に「どんな髪型にして来るの?」と聞かれたので、
「スザンヌみたいにしたいのよね~」と答えたが、帰ってきた私を見たカツは、
「スザンヌ???何かイメージが違う・・・。」と、のたまった。

バカタレ~!!
私が言ったのは、あくまで「スザンヌみたいな髪型」って意味だからね~!
どんなに頑張って、何時間も一人で「お留守番」出来たって、
「私」が「スザンヌ」に変身して帰ってくる訳じゃないのじゃ~!!(^^;)

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク