苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターになろう

現在カツが通っているリハビリ病院に、私達が巡り会ったのは、ITB手術後の3つ目の転院先としてだった。

ITB手術をした病院でもリハビリはあったのだけれど、そこは大学病院で術後のリハビリ通院が無い事は事前に知っていたので、転院先のリハビリ病院を随分と無理を言って探してもらった。ちょうど3年前の話だ。

初めての診察で、リハビリ病院の院長先生に、
「リハビリの目的は何ですか?」と尋ねられて、カツは、
「歩行訓練をしたい。」と答えていた。

院長先生は、かなり困った表情で、
「どこまでお手伝い出来るか、僕には正直、お答え出来なくて申し訳ない。」
と言われた事を、今でもよく覚えている。真摯な方だと直感した。
「でも、出来る限りやってみましょう、頑張りましょう。」
とも言って下さった。本当に嬉しかった。

あの時、院長先生は、本当はとても困ったなあ、と思われていたと思う。見るからにまだ若いカツと私。それなのに、かなり重度の障害。医師の立場からしてみれば明らかに「未来永劫、歩行は困難」と思われたに違いない。それでも「挑戦してみましょう。」と言って下さったのは、もちろん院長先生のリハビリに対する深いお考えがあったからだろうと想像するのだけれど、少なからずともそこに、私達の熱意があったからではないか?という自負もある。

脳血管障害のリハビリに関する社会環境は、現在の所、あまり芳しくないのが実情だ。何も働きかけをしなければ、リハビリ入院は2ヶ月程度で終了になる。もちろん、その与えられた期間でかなりの機能を回復される方も大勢いらっしゃるとは思うのだけれど、そうではない場合も多い。

また、日常生活に不自由はないけれど、やはり健常者とのギャップに苦しんでいらっしゃる方も、かなり多い様に感じている。そういった方達に対してのケアが、現在の医療制度ではあまりに少な過ぎるのではないかと、私は思っている。

医師から「もう、これ以上の回復は見込めません。」と告げられて、ガックリと肩を落とし「ああ、もう駄目なのか。」とうなだれてしまう方々の、何と多い事か!!



だから私は、敢えて言いたい。

病院の、医師の、療法士の言葉を、
鵜呑みにしてはいけない、と。


そして、また、

「治してくれない。」と、
彼らを恨んではいけない、と。



自分達の人生なのだから、自分で切り開かなくて、どうする!と思う。その為にだったら私は喜んで「モンスター」にでもなるだろう。





カツの「歩行訓練」は、最近ようやく歩行器になった。実は以前(回復期と呼ばれる時期)にも挑戦した事はあったのだけれど、途中で断念せざるを得なかった。結局は早すぎたのだと思う。身体の準備が整っていないのに気持だけが焦っても良い結果にはつながらないという事らしい。

さてさて、今は準備万端かなあ?

[広告] VPS






そして前回に続き、食事の事。
実は、療法士さんにお願いをして無理を言って、病院の訓練用の介護箸を自宅に持ち帰らせて頂いた。

介護箸


カツに言わせれば、これは正しくは「箸ではない。」らしいのだけれど、それでも他のどんな食事用の道具よりも、上手く使いこなせるという事が判明した。どうもスプーンやフォークだと、口に運ぶ途中で食べ物を落としてしまいそうで、それが気になって仕方がなかったらしいが、箸の場合は、自分の手で「持っている感じ」があるらしく、そのせいで落とす事が少ない。そして例え落としたとしても、それは、その掴んだ物の塊の「本体」ではないので、あまり悔しい感じがしないのだそうだ。

「持っている感じ」が、こんなに重要な事だとは思わなかったのだけれど、そう言えば担当の療法士さんは、力が入り過ぎるカツの手指の訓練に、こんな物を持って来て下さった。力が入り過ぎると「ピュー」と音が鳴るので、音が鳴らない様に、つまんで運ぶ。カツの箸使いが上達したのは、きっとこの訓練のお陰ではないかと思っている。

[広告] VPS




そうしてついに、カツは自力での食事を手に入れた。不思議な事に、自力で食べると全くムセない。理由は定かではないけれど、きっと人間の身体というのは、そういう風に出来ているのだろう、と思う。

「本当はガツガツ喰いたかったんだ!」というカツ。その言葉通り、次から次へと口に入れて、それでもムセたり詰まらせたりしないのだから、もう笑ってしまう。



嬉しくて嬉しくて、涙が出そうで、
大爆笑だ。


[広告] VPS









こちらも宜しくお願い致します。
◯ここに書ききれない余談なブログ(毎週更新)
苺畑こぼれ話(介護生活エトセトラ)
◯日々の思いつきブログ(毎日更新)
苺畑の雑記帳(つぶやき風ひと言ブログ)
◯コミュニケーション掲示板(ほぼ毎日更新)
仮想空間ライブハウス/sally's BAR

スポンサーサイト

お喰い初め

カツは未だに、自力で食事をする事が出来ない。だから私は毎食毎食、カツの食事を手伝っている。それはもう、あまりにも長い年月の事で、私達にとっては「日常生活」の一部になりつつある。

でも、だからと言って、私達はカツの食事の自立をあきらめている訳ではない。少しづつでも良いから自分で出来る様にと、色々と工夫を考えている。そして今は「串刺しした物」であれば、何とか自力で食べられる様になってきた。

でも口に入れ損ねて落としてしまうと、とても惜しい気がするらしい。恨めしそうな顔をするので、いつも笑ってしまうけれど。

[広告] VPS




一食分の全部ではないけれど、一部であれば自分で出来る。この自信が、また新しい挑戦へと気持を繋げてくれる。今日はOTさんが、マシュマロを試してみましょう、と持って来て下さった。

そして!!
発症以来、始めて箸を使って口に物を入れる事が出来た!


この半年間、ずっと練習して来てヨカッタ!!

[広告] VPS




ちなみに練習を始めた半年前の動画がこれ。お箸をカチカチと動かす事も難しかった。本当に出来る様になるんだろうか?と不安で一杯だった。

[広告] VPS





リハビリは、単純な繰り返しが多くて、やっている本人も付き添っている私も、いつまでやれば良いの?と思う事が本当に沢山ある。

でも「脳という臓器」は、こんなにもタフだ。



今はまだカツの日常生活には、車椅子が欠かせない。でも、こんな生活が一生続くなんて私達はとても耐えられない。だから前に進もうと思っている。次はこうやって、歩行器に向けて練習を始めている。それも少しづつだけれど、でも確実に上達していると思う。

[広告] VPS



まだまだ、自分の人生に負ける訳にはいかないのだ。いつか必ず、車椅子も卒業するんだ!と強い意志で、繰り返す単調なリハビリを乗り越えて行こう、と思う。



僕の前に道はない。
僕の後ろに道はできる。







只今、関連サイト増殖中です。こちらも宜しくお願い致します。

◯ここに書ききれない余談なブログ(毎週更新)
苺畑こぼれ話(介護生活エトセトラ)

◯日々の思いつきブログ(毎日更新)
苺畑の雑記帳(つぶやき風ひと言ブログ)

◯コミュニケーション掲示板(ほぼ毎日更新)
仮想空間ライブハウス/sally's BAR



Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。