苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツブログ-54/還暦


60歳の誕生日には赤いチャンチャンコを着て「還暦」のお祝いをするそうだが、俺は今まで「還暦」なんて老いて行く通過点の単なる一つだろうと思っていた。しかし実は「還暦」まで生き残るのは至難の業らしい。48の「ウェルカム」にも書いた関西のロッカーは享年59歳、「或る日作成しよう」を中心に活動してたロックシンガーは享年58歳、日本の伝統芸能の第一人者の若い方の人はなんと享年57歳だったし、元祖「家なき子」の女優も享年57歳だった。皆、もう少しのところで60歳に手が届かなかった。彼等が亡くなったのを知った時「本当は60歳まで生きるのは大変な事なんだなぁ」と実感した。「なる程、だからお祝いするのか」と思った。

虚弱な妻は幼い頃に「この子は20歳まで生きられそうもない」と言われたそうだ。「そう言われた私が「還暦」まで生きられるとは思えない」と妻は言う。本当にそうなら後数年でこの世とおさらばだ。ちなみに俺は未熟児で生まれた。
俺は妻の様にはとてもPC操作出来ないのでHPの掲示板や俺の文章がいつまで経ってもUPされない時は「妻に何か遭った」と思って欲しい。何かの病気で入院したかも知れないし、召されたのかも知れない。

妻に「逝く時は俺も連れてってくれ」と頼んだが断わられた。「あの世では静かにしてたいのに、あの世に行ってまでウルサくされたくない」と言われた。俺は相当ウルサいらしい。後追い自殺しても会いたい人には会えないと聞く。母が亡くなって後追い自殺した女子のタレントがいたが無駄だったのだろう。だとすると俺も後追い自殺なんかしても無駄って事になる。

妻が亡くなったら俺は妻名義のこの家にはいられないから、どっかの酷い施設に入れられるんだろうな。そうなると50の「介護」や他にも今まで散々書いて来た「抵抗感」だらけの介護の毎日になって、せっかく出来る様になった「箸」も「パソコン」もやらせて貰えず出来なくなって行くんだろう。歩行器を使って外を歩く練習だってやらせては貰えないから今以上の歩行距離更新も、もう無い。つまり発展途上の「出来る事」が全て出来なくなって行くんだろう。でももう「喜んでくれる妻」がいないんだから出来ようが出来なかろうがどうでも良い。

考えてみれば発病した日から身体中がアッチコッチ痛くて、俺のCDエスキースのライナーにも書いてある通り常に江頭2:50みたいに力んでる。それは正月だろうとクリスマスだろうと誕生日だろうと1日たりとも休みなしで、今年で10年になるけど10年間ずっと力んでて痛い。精々、昨日よりは今日の方が幾らかマシって程度で、全く痛まない日なんてない。飲んでても食べてても痛みを我慢しながらで、それは発病以来ずっとだ。肩凝りや腰痛持ち等の人もそうなんだろうけど俺は元々肩凝りでも腰痛持ちでもない。

10年も経ってようやく最近は少し痛みも和らいで来たのかと思ったが、決してそうではなくって単に痛みに慣れただけ。お尻だって常に何かが触れた状態で何にも干渉しないのはPTの時のストレッチで「うつ伏せ」になった時ぐらいで、日常は殆どパー車に座ってるから常にお尻が痛い。

こんな状態にあってでも頑張ってせっかく出来る様になった「箸」も「パソコン」も「歩行訓練」も何処かの施設に入れられて出来なくなって行くんだろうな。そして職員達が面倒臭いからと、いわゆる「寝たきり」にさせられる。だから俺の最期はベッドの上かも知れないな。最期までお尻が痛いんだ。その頃は「じょくそう」だらけかも・・・。今は無いけど。こんな最期なんて嫌だなぁ

なんてこれらも全て希望的な想像なのかも知れない。これだけでも充分惨めなのに本当はもっともっと惨めで悲惨な最期かもね。

実際に起こってもない事を悪く想像するのは俺の柄じゃないから本当はこんな事を考えるのはまだ早いのかも知れないけど覚悟はしてた方が良いんだろうな。この身体にだって何の気持ちの準備もなく突然なったんだし。悪い事はいつだって突然起きる

色々考えるとやっぱり妻より先に死にたいな。妻の体調が「こりゃヤバいんじゃね」と思えた時にタイミング良く死ねれば本当は一番良いんだけど・・・。














※実はこの文章の方が前々回の52の「高齢化社会」(全共闘世代 編)より執筆が進んでたんだけど、今年一発目にするのにはこの内容では余りにも暗くて流石に相応しくないと思って急遽「高齢化社会」にした。

※それから最近、俺が過去に弾いてきたギター達の写真とちょっとした解説をこれに開設した。
ヒマだったら覗いて見てくれ。

ヴィンテージ・ギター・ファイル(カツのメモリアル・ギター写真館)
http://ameblo.jp/aburauta


ただし、せっかく見に来てくれてもかなりマニアックな話しだから好きな人には良いけど得意じゃない人が見たらまるで暗号だと思う。それに、既に何件かコメントも貰ってるんだけど、コメント返しまでは出来ないかもしれない、悪いね。


※コメントを書いて下さる方は、
下 ↓ の「Comment」をクリックして下さい。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。