苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツブログ-59/ナンチャッテ


オリンピック開催地が東京に決まる前、最後のプレゼンにアルゼンチンに向かう都知事を先頭にメダリスト達やその他の有名人達が空港を歩く姿がテレビに映ってた。
この都知事達は「オリンピック」と「パラリンピック」を同時に開催する事を推奨してる。
それなら全員車椅子で行けばいいのに」と思った。

「パラリンピックとは」
http://www.jsad.or.jp/paralympic/what/tool.html

「目の不自由な人」がやるサッカーに「ブラインド・サッカー」って言うのが在る。
見えないから音だけを頼りに行なうそうだ。
その競技に健常者が参加する場合は目隠しして見えない様にして目の不自由な人と同じ条件にして参加するそうだ。
凄く素晴らしいと思った。
残念ながら健常者が参加する「ブラインド・サッカー」はパラリンピックの種目には加えられてない。

「ブラインドサッカーとは」
http://www.b-soccer.jp/aboutbs/aboutbs_2
rule_image.jpg




俺は元々「オリンピック」と「パラリンピック」に分けてる事が差別的で嫌いだ。
まるで「あなたは障害者だからパラリンピック。障害者にオリンピックは関係無い!」って言われてるみたいな感じがする。
また「被害妄想」だろうか?

とにかく分けないで健常者の選手も障害者の選手と同じ条件にして競技すれば良いのにと思う。
競技数は増えてしまうだろうけど、例えば車椅子で行なう100m走に健常者の選手にも車椅子で参加して貰いたい。「車椅子の部」とか言って障害者と競って欲しい。
そうすれば分ける事無く「オリンピック」だけで良くなると思う。
でもそうなると女子バレーに「性同一性障害」のオネェの選手も出て来るかも知れない。
見たい見たくないは別にして「それもアリ」だ。

視力が悪い人はメガネを掛ける。
視力が悪くないのに掛けるメガネを「伊達メガネ」と言う。
つまり「ナンチャッテ」だ。
「視力が悪くもないのに視力に不自由してる人のメガネをオモチャにするなんてけしからん!」なんて言う人はいない。
昔はいたかも知れないけど今やメガネはファッション・アイテムの一つだ。
だから「ナンチャッテ」の人が沢山いる

「オリンピック」で健常者の選手が車椅子で競技するのが当たり前の普通の事になれば一般人や一般社会にも車椅子が普及して「伊達メガネ」ならぬ「伊達車椅子」(ナンチャッテ車椅子)の人が増えるかも知れない。
するとメーカーも競って結果、車椅子の品質が向上する。
勿論、障害者は車椅子の人だけじゃないし、逆に車椅子の人は障害者だけじゃないけど、一番「判り易い」って言うか「らしい」と思う。
そうなれば38の「オッシャレ~」みたいな事も冗談じゃなくなるかも。

一番良いのは車椅子姿の俺の劣等感が和らぐ事だ。

1239497_10153215172980403_87405656_n.jpg

215287_10152765388970403_1696180438_n.jpg





※コメントを書いて下さる方は、
下 ↓ の「Comment」をクリックして下さい。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。