苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

フェノール・ブロック療法のカルテ開示


開示請求をしていたカルテを、
受け取りに行ってきました。
まだ、さぁっと目を通しただけですが、
なかなか興味深い記述が多くありました。

しかし、
カルテと言っても所詮は人が書いた文章、
書いた人の性格(本性)が見え隠れしますね。

前にカルテ開示方法についてネット検索してた時に、
「カルテには、あなたの悪口も書かれています。
お金を払ってまで開示して見るべきものじゃありません。」

とあった事を思い出しました。
確かに!と思いました。

例えば、カツの足裏に痛みが再発した時の診察では、
「院長は冷静に説明しようとしたが妻は興奮して感情的になり
聞く耳を持たなかった。」等と書いてありました。

ま、頭から湯気が出てたとは思いますが、
その部分をわざわざ強調してカルテに書く必要があったんでしょうか?

そのくせ私が、口頭では行き違いが多いと思って、
作っていった「覚書」に関しては、
「妻から要望書が出された。」としか記述がありませんでした。
肝心なのは、その「要望書」の中身だと思うんですが、
それについては、ひと言もふれられていませんでした。

リハビリの進め方について今後はこういう風にしてもらえないか?
という「覚書」なのに、リハビリ現場の人達には伝わらず、
院長とリハ主治医が読んだだけ、という感じでした。
(覚書の詳細はこちら→http://katsutsun.blog58.fc2.com/blog-entry-261.html

問題はココにある気がしました。
つまり、カツの足裏の痛みに対して
「妻がうるさく騒いでいるだけ」と受け取られていた為に、
リハビリ時の療法士の注意が甘くなってしまったのではないかという事です。もちろん直接の原因が療法士の不注意だという事に変わりはないんですが。

それにしても結局カルテというのは、
病院に(書いた人に)都合の良い書き方しかされていないのだと、
あらためて実感しました。

ただ、例えば処方された薬の名前や分量、
注射した薬液の名前や分量や注射した箇所などは書いてあったので、

私なりに少しずつ解読して、
また不明点は専門の方に尋ねたりして、
自分達の記録と照らし合わせてみようと思っています。

そして、どうしてカツが、
こんな痛い目に合わなければならなかったのか
(しかも2回も!!!)
納得のいく説明を求めていきたいと思います。




※医療を消費者の視点でみるとき、最大の問題は、患者が医療事故に遭ったとき、医師・医療機関の対応がきわめて悪く、国も被害者=国民を救う法律や政策をつくろうとしないこと。
 今なお、死亡事故では、遺族がどんなに必死に動いても真相解明がままならず、国民の命は闇に葬られがちです。傷害事故では、具体的な原因の説明や親身の再治療も拒まれがちで、心身ともに苦しむ患者=被害者がたくさんいます。
 こうして被害者のこころの傷は何重にも深くなります。
「医療消費者ネットワーク」
http://www.geocities.jp/meconett/index.htm

※医療従事者の接遇に対しての苦情が多いが、医療従事者の不適切な言動や、何気ない対応で、患者・家族は医療機関に対して不満・不信感を抱く場合がある。一度、不信感を抱いてしまうと、改善するためには双方の更なる労力が必要となるが、医療従事者の患者・家族の立場に立った丁寧な対応が望まれる。
「東京都・患者の声相談窓口実績報告」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/sodan/is_center.html




Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク