苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「杖歩行」訓練開始!

今日、リハビリ時間の最後の方にPTの先生が「じゃあ、次はこれを使ってみましょう。」と杖を持ち出してきた。え~っ!!杖って!!???

私は心の中で、ガッツポーズ!
きっとカツも同じ気持ちだったと思う。

5年半前に「脳幹出血」で倒れ、四肢麻痺、体幹失調という重い障害を負い、以来ずっと車椅子生活を余儀なくされてきたカツ。「余程の奇跡でも起こらない限り、歩く事は不可能です。」と言われた事もあった。落ち込んで、へこんで、喧嘩して・・・。でも、それでも私達は諦めなかった。

1年半前に「ITB療法」の手術を受け、その後、約半年(2カ所)のリハビリ入院。それから現在まで約1年間の通院でのリハビリを続けてきた。そしてカツは半年前くらいから、両下肢に装具を付け、療法士の方の後方介助があれば、何とか歩ける様になった。最近では距離も20m~30mへと、かなり伸びてきていたし、バランスの取り方も上手くなってきていた。

それでも、カツが「歩く」為には、療法士の方の「後方介助」が必要だった。しかも、いつもPTの先生達は、汗だくになってカツを歩かせて下さっていた。

けれど今日、ここにきてようやく「杖歩行」訓練が始まった。
「杖に頼って歩く」と、言葉に書くのは簡単だけど、両上肢の失調もあるカツにとっては、その「杖をコントロールする事」が難しい。

ああだ、こうだと工夫してもらっている内に、ふと気がつけば私達の周りには、他のPTの方2人も集まって来られ、私を含めて総勢4名。そんな状態で、カツは何とか2本の杖を使って5m程歩く事が出来た。(もちろん後方介助付きだったけど。)

PTの先生からは「初めてにしては、上手かった。」と褒めていただいた。それは決して「おだて」なんかではない、と私は確信している。
だって、いつも「汗だく」だった先生が「今日は介助が楽だった。」と言って、かわりにカツが「汗だく」になっていたのだから。それだけ、カツが自分の力で「歩いた」っていう証拠だと思う。

先生方、今日は本当に有り難うございました!

私は感謝の気持ちで一杯になる。
さすがのカツも、身体中にサロンパスを貼られつつ、今夜は満足げに笑っていた^^


≪ 日々是リハビリホーム確かな前進 ≫

Comment

杖での自力歩行、おめでとうございます。
「ヤッタ!」ですね。
ITB療法の手術後、1年半お二人で頑張れた成果ですね。

この道は口では言われる位険しかったと思います。よく頑張られた!
サリーさんの支えがあったからカツさんの今があると思います。
これからもカツさんの回復を伝え、私達に勇気を与えて下さい。

サリーさんはじめまして!!

杖歩行おめでとうごさいます。
リハビリの効果ですね、私も頑張らねばと尻をたたかれた想いです。力をもらいました。ありがとうございます。回復は一生続くのですね。がんばります。カツさんの回復とサリーさんのご多幸をお祈りしています。

>たんぽぽさん

いつも応援コメント有り難うございます。
「自力歩行」と呼ぶには、まだまだ程遠い感もありますが、とりあえずまた、一歩前進したって事は確かだと信じ、これからも頑張っていこうと決意を新たにした次第です。今後とも宜しくお願いします^^

>群馬@太田さん

わざわざ書き込み有り難うございます。ここでは「初めまして」ですね。いつも「たんぽぽさんの掲示板」でお見かけしていました。

回復のスピードは、確かに人それぞれかもしれませんが、回復が止まる、という事は「医学的にも」あり得ない事だと、私は信じています。

これは、私の敬愛する「山田規畝子」医師の言葉なんですが、たとえどんな状況下にあったとしても「それでも脳は学習する」のだそうです。

太田さんも頑張って下さいね。
何なら、いつでも尻をたたいて差し上げます、な~んてね^^

よかったら、こちらにもまた遊びにいらして下さい。BBS等でお待ちしています。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。