苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々是リハビリ

カツは今日も、リハビリ頑張りました。

以前はPT台の上で、寝返りさえできなかったのに、今では一人で「うつ伏せ」になる事さえできる様になりました。

あと「壁に背をもたれてなら、どこにも掴まらず自力で立っていられる事」も判明。
これは身体の重心の左右バランスが自力で取れる様になった事を意味しています。自立歩行には「重心移動」は必須。あんなに酷かった「体幹失調」が、随分と回復してきた証拠かな?
「オードリーの春日」の真似をして、片手を上げて挨拶も出来ました(笑)
その後、その体勢のまま「スクワット」(これはまだ少し介助が必要。)
そして「後方介助付き」ながら30m程、歩く練習。それからまた、杖を使って歩く練習。

結構ハードなメニューです。(約1時間)
リハビリ終わりには汗だくでクタクタで「地獄じゃあ~!!」と言って、スポーツドリンクを一気に飲み干します。(発症当時は嚥下障害があったなんて誰も信じてくれません。)家に帰ってからは、お尻の筋肉と、足の裏にサロンパス。きっと明日は一日、筋肉痛に泣かされるのでしょう。それでも毎回、新しい課題に挑戦し、クリアし、をくり返す毎日です。

本当に「あなたは、これ以上回復する事は難しい。」とか「余程の奇跡でも起こらない限り、歩く事は無理。」とか言った、大馬鹿野郎達に見せつけてやりたい気持ちで、一杯です。

くり返しくり返しリハビリを続ける事によって「脳」は思い出してくるのです。「神経」も筋肉への「命令の出し方」を思い出してくるのです。そして「身体」も動かし方を思い出してくるのです。ただ、人によって「思い出すまでにかかる期間」が異なるだけ。

そう信じて、今までやって来て良かった、と思う今日この頃です。

≪ 片足だけの車椅子ランナーホーム「杖歩行」訓練開始! ≫

Comment

まあ、すごい!!
驚くほどの回復ぶり!
えっ!「スクワット」がおできになるの!
すごい!びっくりです。私は未だ上手くできませんよ。

サリーさんの支えとカツさんの意欲があいまってこれからますます快復が進むでしょう。
楽しみです。

そして大馬鹿野郎達に示して下さいね。
いつも「まあ!すぎ!」と元気を頂いていますよ。

有難う。

たんぽぽさん、こんばんは。いつもコメント有り難うございます。

そう「スクワット」出来る様になったんですよ!!
ただし、「壁にもたれかかって」「療法士の介助付きで」なんですけどね。それでも「出来る」って事は嬉しい事です。

あまり深く腰を落とさずに、ちょっとだけ膝を曲げて止める「スクワット」をやっています。膝がガクッとならない様に、ゆっくり滑らかに動かし、曲げた状態でちょっと止めて、それからまた、ゆっくり元に戻ってまっすぐに立つって感じです。

「スクワット」も鍛える筋肉や感覚によってやり方が異なるのだろうと思います。

たんぽぽさんも、PTさんに相談されているんでしたっけ?色々とやり方はあると思います。今のたんぽぽさんに必要な「スクワット」見つかると良いですね。

毎回、外来の時動画見せてくれてありがとう。
筋肉痛の辛さ分かるよ…

sallyさんにで「脳には無限の力がある」って言われた時、そうかもしれない…私も、脊損した時みたいにトレーニング重ねれば、進行したとしても、一瞬でも一次的に元に戻す事は可能かも!!な~んて考えて…

私も今、1つの大きなチャレンジをしていま~す。
今月中には分かります。
歩けはしない。車椅子なんだけど、おそらく凄い事かな!!
カツさんには負けませんよ~!!

あやさんへ

え~???何だろう???
って以前、あやさんのブログを読んだときからずっと考えていました。(ちなみに両方とも毎日クリックしています。)

もしかして、また、泳ぐ?
だったら凄いなあ。

カツは元々泳げなかったから、今でも水が怖いらしいけど、私は泳ぐのだけは大好きです。(他のスポーツはからっきし駄目ですが。)もし、あやさんがインストラクターの水泳教室が出来るんだったら、絶対に行ってみたい!!

何なんだろう、とても楽しみにしています。また、教えて下さいね。頑張れ~!ファイト~!!!

katuさんすごいなー。私も、4年前に脳動静脈奇形で出血しました。、そのころは、四肢麻痺で、今はなんとか、右半身は動き、病院の先生には、奇跡的な回復といわれました。まだ、トイレは介助がいりますが、katuさんのブログで、杖歩行も可能だとしり、可能性を感じてます。お互いに、頑張っていきましょうね。

nanakoさん

初めまして。コメント有り難うございます。
nanakoさんのご病気の事は良くは分かりませんが、頑張った人には頑張ったなりのご褒美が必ず有ると思います。カツも今だに介助が無いとトイレにも行けない状態ですが、逆に言えば「介助があればトイレにだって行ける。」という事です。ベッドの上で「チリトリ」みたいな便器にウンコしていた時の事を思えば、雲泥の差です。また「介助」は「自転車の補助輪」だとも思っています。「必要無くなるまでの間、ほんの少し使う物」と同じだと思うのです。

「焦らない、でも諦めない」で頑張りましょうね。ファイトオ~!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。