苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落花流水の情

心や身体が自分の思いどおりにならない時、人はとても不安になります。そして、誰か治してくれる人はいないのか、いやせめて、この苦しみを分かってくれる人はいないのか、と手をのばし、藁にもすがる思いで探します。

少なくとも私達はそうでした。

今はこうやって多少は落ち着いて、他の方々との交流も出来てきましたが、以前の私達はとても孤独でした。誰に聞いても、どこの病院に行っても、答えは同じ。

「もうこれ以上の回復は望めません。」
「治療方法はありません。」

死刑宣告にも近い、絶望のセリフ。

この先ずっと、この苦しみを背負って生きていかなければいけないのか!誰にも救いを求められないのか!

そんな思いで日々を過ごして来ました。

けれど今、私は「まだ」生きています。それは決して、私が「強い」からではありません。ただ、自分の生を惜しんでいるからだけに過ぎません。私は本当にとても弱い人間です。だからこそ、人と人との「出会い」や「繋がり」を大切に思ってしまうのでしょう。




落花流水の情
(らっか りゅうすいの じょう)

川側の花は、ああ、あの流れに身をまかせ、流れて行きたいと思い。
川波はまた、ああ、あの花びらを己に浮かべて流れて行きたいと願い。



これはただ単に、恋愛感情を表す言葉、というだけではなく、人間はみんな「誰かと繋がっていたい」という気持ちを持っているのだと、そんな感情を表した言葉だと、感じる様になりました。

花も、川波も、お互いに「支え合って共に生きていきたい」と願っている、そんな心を表現している様な気がしてきたのです。

そう気付かせてくれたのは、もちろん私の自慢の「掲示板」の仲間達です!!





そしてまた最近、生野さんというPTさんに出会いました。
生野さんは「麻痺の回復は発症後6ヶ月以降も続く」と言う事を、科学的に立証しようとされているそうです。もしもそれが証明されたなら、リハビリに関する法律もきっと大きく変わる事でしょう。

病を負った方々の人生を左右するのは、決して政治ではなく、ましてや経済でもなく、こうした地道な研究なのだと、強く強く思う今日この頃です。


生野さんのブログは、下記のURLです。

片麻痺のリハビリへの挑戦!認知運動療法 士 の臨床日記
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/

生野さんのブログは、当HPと相互リンクしています。
掲載記事は、こちら。

苺畑からメッセージ
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/blog-entry-302.html


≪ スニーカーまでの道ホーム東京の下町で愛を叫ぶ ≫

Comment

ご紹介ありがとうございます

ご丁寧に私のブログを紹介していただきまして、
誠にありがとうございます。

私は理学療法士で、リハビリの中でも「認知運動療法」という治療法を専門としております。

一般的には「麻痺の回復は発症後6ヶ月以降は難しい」と考えられております。
この考えに基づいて法律が作られていることが現在の「リハビリ難民」という問題を作っています。

しかし、日々の経験からも「麻痺の回復は発症後6ヶ月以降も続く」と感じております。
そして、何より障害をもたれた方やそのご家族が、
「発症後6ヶ月以降も麻痺の回復を強く願われている」
ことを実感しております。

今後、「麻痺の回復は発症後6ヶ月以降も続く」という考えに変わるように、
研究や日々のリハビリに取り組んでいきたいと考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。

生野さん

コメント有難うございます m(ーー)m

そうなんです! 
誰だって良くなりたい、回復を目指したいのです。
医学会の常識、患者さんにとっての非常識、みたいな構造が早くなくなります様に、生野さんのご活躍に期待しています。

こちらこそ、これからも、どうぞヨロシク ^^/

生野先生はじめまして。

私はいつも思います。sallyさんやたんぽぽさんの掲示板がなかったらどうなっていたろうと。
最初はまず、救急の医師により「もうダメ」のようなことを言われますよね? でも「ああ、みんなそう言われるんだ」と思う。
次は「これ以上の回復は無理なのか」と思う。でもそう言われて回復している人がたくさんいるのがわかった。

ここまでの間に、すべて額面通りに受け取っていたらどうなったか。

だから、sallyさん達が手探りで始めたときはどんなに心細く、辛かったろうと。胸が痛みます。

うちは今、幸いにも良いセラピストさん達に恵まれています。しかしその前にはリハ病院のセラピストさん達があきらめずに身体を柔らかくして、刺激を与えていてくれていてくれた、という経緯がある……私たち夫婦がこうして地道なリハビリを続けていられるのも
たくさんの人の手によります。
また週5日セラピストを入れられる現在の幸運にも感謝しています。

それこそマグロ状態での退院。でもある日、突然全体にスイッチが入って状態になったのは10カ月目。生野先生ではないけれど6ヶ月なんてとっくに過ぎていますからね!


これからも行きますよ。前を向いて。

nothing comes from nothing(無からは何も生まれない)

まずやらなくちゃ。

それからsallyさん、いつもありがとう。これからもよろしくお願いしますv-22

クローバーさん

コメント、どうも有難う!!

私が今まで、どれだけ、
クローバーさんの友情に助けられてきた事か!!
本当に感謝しています。

こちらこそ、これからもどうかヨロシクね~ ^^/

こんにちは。

僕だって、何の意味か分からない状態だったのにsallyさんやクローバーさん、(もちろんたんぽぽさん)皆様から勇気を頂いてますよ。
人の繋がり・・・・大事にしたいものです。

生野先生の考え方、まさに今の僕ら親子って感じがします。
これからも頑張ります!
負けてなるものか!!!
これからも宜しくです♪

Kさん

コメント有難うございます。

私は今までずっと「医学の常識」と闘ってきました。
それは時に、周りの「医療関係者達」からの嘲笑をかうものでもありました。
発病から1年半くらいの頃、私が「ゴネ」続けていた為に打ち切りに出来なかったPTさんが、最後通告に言った言葉を、今でも忘れる事が出来ません。

「大変申し上げにくい事ですが、残念ながらご主人は、よほどの奇跡でも起こらない限り、歩ける様にはなりません。」
こう言われたんですよ、本人の目の前でね。

悲しかった、悔しかった。
そして何よりカツが可哀想で仕方がなかった。

でも私は決して諦める事が出来なかったんです。

そしてね、Kさんもご覧になった事あるかと思うのですが、
今は「歩行訓練」やってますよ~!!

「医学の常識」は、常識として有り難く拝聴だけして、それでも負けない強い気持こそが、実は解決への「手がかり」ではないかと、心からそう思っています。

同士よ!
こちらこそ、どうかこれからも宜しく!!

勇気をありがとうございます。

SALLYさん
いつも励ましていただきありがとうございます。

>悲しかった、悔しかった。
そして何よりカツが可哀想で仕方がなかった。

全く同感です。今でも我が子が可哀想で仕方がない。
しかも心疾患根治術の為に、手技的に現状に陥ったにですから。

回復の見込みがないどころか、全がいつまで生きるかわからない
との関係した医師達全ての所見でした。
実際死刑宣告でした。
ところがどうだろう?
我が子は1年越えた今でも回復はしてなくともまだ懸命に生きている。

> それでも負けない強い気持こそが、実は解決への「手がかり」ではないかと、心からそう思っています。


本当に僕もそう思います。

治療法がないとか、奇跡じゃないと回復しないとか・・・言われると、
「上等じゃねーか!じゃ、我が子に奇跡を起こさせてやる!」
「なんなら今生きてる事だって、奇跡のIng・奇跡中なんだよ!」って思っております。

こちらこそ『同志』として
頑張らせて頂いている事、
感謝してます。

願い

クローバーさん Kさん sallyさん


皆様のお話を伺っていると、現在の医療現場や医療制度に
大きな問題があることを痛感いたします。

医療の現場では、「インフォームドコンセント」の名のもとに
今後の回復についての説明がされていますが、
その言葉に多くの方々が傷ついているのですね。

「回復への願い」は、みんなが強く持っているものであり、
持つことが許されるべきものだと思います。

「6ヶ月以上は回復しない」という医療業界の常識にとらわれず、
「回復への願い」に応えることができるセラピストになりたいと思います。

>これからも行きますよ。前を向いて。
 nothing comes from nothing(無からは何も生まれない)
 まずやらなくちゃ。

本当にそうですね。
皆様のコメントを読ませていただいて、
心に響くものがありました。
共に歩んでいく仲間の存在は素晴らしいですね。

私も前を向いて進みたいと思います。

多くの方々の笑顔が見られる世界を目指して…前へ!

コメント有難うございます。

>Kさん

これは、こころさんからの受け売りですが、
「夢は叶えるためにある。」って言葉、
私はとても好きです。
そう言えば、あやさんも同じ事をおっしゃってましたね。

星の数ほど、夢を語りましょうね!!


>生野さん

問題は、インフォームド・コンセントの名のもとに、
時に「患者の厄介払い」が行われている事だと思うのです。
(例えば、末期がんの方も、行き場がありませんよね。)

生野さんの様な方が、もっともっと沢山いらっしゃればなあ、と思います。そして、生野さんの様な方の活動を、もっともっと行政が認めてくれればなあ、と心から思います。

頑張って下さいね、期待しています。
そしてどうか、これからも宜しくお願い致します!!

そうなんです。。。

sallyさんのおっしゃるそのままですが、
心や身体が思うようにならないと、不安で気が狂いそうになります。
誰か理解して、お願いと心で叫びながら藁にもすがる思いです。
私は、20年以上苦しみ続けています。
他人から理解されず、たくさんの薬に支えられながら。

私は、医者の言う事は聞きません。
医者にすれば「他人事」なので、何とでも言いますから。
勿論、いい医者もいます。

そうですね。。。
どんな状態だろうと人と繋がっていたいです。
sallyさんを含め今、戦っている方々からたくさんの勇気をもらいます。
ロックさんを通してsallyさんや、
こんなに素敵な私を支えて下さる方々に出会えて私は幸せです。

これからも、どうぞ宜しくお願いします。
そして、「奇跡」がたくさん起こりますように。

ミキ


奇跡なんていくらでも

たとえばコップのなかのビー玉を外に出すには、手でつまむかコップをひっくりかえすしかありませんよね。でも物理の世界では、ある日突然、ビー玉がガラスを通り抜けて、コップの外にでることがあるというんです。なんでもトンネル効果というらしいのですが。奇跡なんていくらでもありますよ。

コメント有難うございます。

>ミキさん
ミキさんも、勇気を持って、自分の病気と闘って下さいね。

>名無しさん
宗教じゃなくて、物理なんですね。
トンネル効果って、初めて聞きました。
不思議なお話、有難うございました。

発症二年目で・・・

ご無沙汰しています。いつも、読ませていただいてます。

「麻痺の回復は発症後6ヶ月以降は難しい」には、私も反対です。
だって、主人は発症2年5ヶ月ごろ、お尻が少し上げられるようになりました。
そして、ちょうど2年6ヶ月の6月14日に、左足が少し曲がったのです。
おまけに、少しだけだけど、左手の人差し指と中指も伸ばせました。
車椅子に乗って背中を立てた状態で、首も前に倒せるようになりました。

「植物状態は覚悟してください。」と言われた2年半前。
今も、気管切開・胃ろうで喋れず食べられずですが、
確実に少しずつ動いてきています。ちょっと、さぼりぎみだった私です。
心新たに頑張ります。

だんごママさん

コメント有難うございます!!
少しは落ち着かれましたでしょうか?

最初は色々と慣れない事も多いかと思いますが、
ご自宅での、ご家族に囲まれた生活が、きっと、ご主人の回復を後押ししてくれるはずと、思います。

脳は、とても「タフな臓器」ですよ。
ダメージの大きさのいかんにかかわらず、必ず回復への道を辿ると、私は信じています。

だんごママさん、ファイトです!!
真っ正面から向き合って、後遺症のバカヤローと闘っていきましょうね。 ^^/

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。