苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツブログ-14/フルチン(素っ裸)


パー車なんて俺には一生縁が無いと思っていた。でも、そのパー車だって最初から乗れた訳では無い。

一番最初の広尾病院には車椅子には乗れないと言われた。つまり寝たきりって事。広尾病院では、看護婦さん5~6人の手を借りて、大騒ぎの末にやっとの事で乗れた。毎回「こんなバカ者一人の為に皆さんの手を煩わせて申し訳ない」と言っていた。「言っていた」とは言っても、俺の言葉は通じないので妻に代わりに言ってもらっていた。せっかく乗せてもらっても、今度は真っ直ぐには座ってられずに身体が傾いてしまうのだ。その為クッション等を身体とパー車の間に挟む。今は真っ直ぐ座れる様になったのでクッションは要らなくなったし、妻1人の手を借りるだけで乗れるけど。

風呂は、基本的に家では妻に身体を洗ってもらってる。着替えたりシャワーキャリーへの乗り換えも妻にやってもらってるが、入院時は看護婦さん達等にも手伝ってもらってる。って言うか手伝わさせてあげてる。本当は何でもかんでも妻が一人で出来るのだが、看護婦さん達等に俺の「入浴介助」しましたと言わせてあげる為だ。

だけど俺としては本当は、生まれた時から家に風呂が有ったので銭湯に行った事もなく、人前でフルチンになる事に慣れてない。入浴なんて凄くプライベートな事だと思っていたのに、そんな俺が今まで一体何人にフルチンを見られただろう。AV男優じゃあるまいし。それだけでも俺にとっては大変な屈辱である。

相手はプロだから意識なんかしないんだろうけど、俺は未だに意識する。だから「オバサン」の看護婦さんが理想的だ。「オバサン」は「男」でも「女」でも無く「オバサン」と言う一つの存在なので、俺の意識が和らぐ。熟女好きには逆なんだろうけど。

病気なんだから仕方ないとは言え、ウンコもオシッコも見られて、そう言うプレーならまだしも、俺にはプライバシーなんて無い。赤ん坊の時ならともかく、この歳で母親にユリドームをチンポに付けてもらわなければならないなんて・・・・。成人した自分が母親にチンポを見られるなんて考えられるかい?母親だって俺が幼少の時のしか記憶にないはずで、現在のを見てビックリしたんじゃないか。


≪ カツブログ-15/ソックリさんホームカツブログ-13/これからの10代 ≫

Comment

本当に、プライバシーをさらけ出さなければならないのは、辛いですよね。だから私は弟のオムツ替えをしていないのです。わかっていないかも知れない、ぼやーとした弟でも、嫌かなと思って。

カツさん

私のblogとMixiでこのblog紹介させてください。

カツさんの叫びは、こうなった人達を代弁するものだと思います。私なんかぢゃ力になりませんが、少しでも多くの人に知ってもらいたいそう思ってます。

katsuさん、
本当に、katsuさんにはプライバシーなんて
どこにもないですね。。
耐え難いです。

真面目な記事なのに・・

カツさんのユーモアを感じます。
すごい人ですね。
いつも面白い感性に思わず笑います。
すみません。

こんばんは。

俺も、下の世話をされるのは苦手だった。
病棟に男性看護師がいればいいと思ったが、
生憎、男性は医師しかいない。

毎回毎回、恥ずかしいと思ったし、
慣れることはない。
主任のおばさんも、俺には同様だった。
まな板の鯉はしばらく続いた。   のあ

こんにちは

私は管を入れられるのもお尻を拭かれるのも何故かへっちゃらでした。

それよりも点滴を失敗されるほうが気になります。青アザなんか作られたときには「自分の腕で練習してからやってぇやぁ!!」って言ってしまいそうです。
(T_T)

コメントのお礼

ふーみんの姉さん
ミキさん
たんぽぽさん
のあさん
クリームあんみつさん

コメントありがとう。


つぢきゅうさん

宣伝どしどしして下さい!

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。