苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

カツブログ-30/健康まつり


毎週金曜日の外来のリハビリが一緒になる人が二人いて、一人は「これからの10代」の来年20歳の彼。もう一人は俺と歳が近く、発病前は中華の料理人だった人。俺が合宿中に料理をやったのは、彼が主宰する料理教室だ。

このメンバーと各々の妻達(と言っても俺の妻と彼の妻)、O.Tの先生達、彼のケア・マネ達が加わって、2011年10月23日(日)の「健康祭り」と言うお祭りに中華スープの店を出店することになった。

妻と俺は、その店で皆が着るTシャツのロゴ・マーク等のデザインを担当。来年20歳の彼はメニューのデザイン担当なのだが、彼はいわいる「オタク」なので、アニメ画像の少女をモチーフにしたデザインで、中華スープを出す店なのに、まるでメイド・カフェのメニューみたいだと、それを見た関係者は全員がそう思ったはずだ。でも結局、彼は家で事故ったそうで不参加になって、メニューは妻が作る事になった。実際、妻が作った方が相応しいのが出来るけどね。彼は多数決で決まったTシャツの色を嫌がっていたから、随分、絶妙なタイミングで事故ったもんだ。良かったのか、悪かったのか判らないけど。

「健康祭り」と言うダサイネーミングから最初は柳原リハの内輪のこじんまりしたお祭りだと思っていたが、実際はこの町内のお祭りで、出店も多くて結構マジなお祭りだった。いつもの介護タクシーで柳原リハに到着すると既に沢山の人で賑わっていて驚いた。「なんだ ! 本格的なお祭りなんじゃん !

妻と俺も家からトレードマークのTシャツを着ていった。関係者も全員着てた。大勢で同じデザインのTシャツを着てると圧巻である。

今回も驚いた事が幾つもあるが、その一つは関係者の中に俺と同じバイクの趣味のヤツがいた事だ。これは結構稀な事で、どんなにバイク好きでも同じバイクに乗ってる人は凄く珍しい。でも音楽は何故か「さだまさし」ファン。そっちの方が驚いたけど。「ロッカーズなのに、何で さだまさし なんだ ? 」

関係者の一人、O.TのS本さんは俺の担当の先生で、普段はリハビリの時にしか接しないから、話しもリハビリに関する事が多いんだけど、これはリハビリの時間じゃないので普段はしない話しで大いに盛り上がった。最初は柳原リハの中に在った店舗を出入り口の横に移して、俺とS本さんは飲みながら他の関係者達と中華スープを売っていた。俺にしてはよく喋ったのは酒が入ってたせいもあるんだけど、やっぱり相手が女性っていうのがデカイと思う。昔の飲み会を思い出した。それにこのS本さんは結構良く飲む。自分でも言ってたが相当酒癖が悪いんだそうだ。

それからS本さんは結構美人だったんだと気付いた事があった。P.Tのリハビリがあった或る日、1Fのトレ1でO原さんを待ってたらS本さんが入って来て、俺にはS本さんが入って来た途端に周辺がパッと明るくなった気がして、でもそれは「俺の担当だし知ってる人だからじゃないの ? 」と、思って、周りにいる他の女の療法士さんを一人一人ジッと見てみたが、若くてもブスはやっぱブスの人ばっかりで、S本さん以上の美人にはお目にかかれなかった。少なくとも1FでS本さんは一番美人だったんだと気付いた。

そう言えば関係者がこのお祭りの「お疲れ様会」をやると言っていたが、いったいいつになるんだろう ? このままだと「忘年会」になってしまいそうな気がする。まぁ俺は飲めれば良いんだから、どっちでも良いんだけどさ。でも昔みたいには飲めないんだろうな。昔はグデングデンになるまで飲んでたけど、今はそこまで飲んだらベッドに移る時等に危険だし、その時介助する妻は酔っ払えないし、すると俺だけ酔っ払うわけには行かないし。何にも考えずに飲めた時代はもう終わったんだな。ヤレヤレ。

中華スープの売上げは、この日の気温が高かったせいもあってイマイチで、一緒に売ってたエビせんの方が高評な売上げで先に完売した。妻と一緒にパー車の俺が膝の上にエビせんを乗せて、人混みを売り歩いたから人々に不憫に思われたんじゃないかな。
やはり最初はジャンクフードみたいな方が売上げを伸ばしてるが、そんなジャンクフードに飽き飽きし始めた人々は中華スープに来るみたいで、徐々に売り上げを伸ばした

お陰様で中華スープは完売。料理人だった彼は感動の余りに泣いてしまった。俺はこれが一番驚いた。彼は泣く様なタイプじゃないと思っていたから、泣き出した時、引きつけでも起こしたのかと思った。



P1010268.jpg














コメントを書いて下さる方は、
下 ↓ の「Comment」をクリックして下さい。

≪ カツブログ-31/やっぱダメだホームカツブログ-29/介護ベルト ≫

Comment

感動の中華スープ完売の裏にはいろんな物語が有るんだね、だから聞くだけでも感動が伝わるんだ。

自分も忘年会シーズン、グデングデンになるまでよく飲んだけど、
今はビール、コップに半分だけ・・・トホホ・・・

お酒

元気なあの頃の、「酒飲み」には戻れないですね。

いつも目の前で、晩酌をする妻に、嫉妬ではないが、
そそくさに食事を終わらせ、自室に戻る自分が居る。

飲めないのではない、飲まない・・・。
だから、晩酌に付き合えないのだ。

料理も自分が作る時は、ツマミは極力作らない。
勝手に焼き鳥を買ってくるから、その必要もない。

おっと! 題材は中華スープ? 美人さん?
まあ、俺なりに、「酒」で解釈した。 時期なのだろう。
                           のあ

裏話。。

katsuさん、
お祭りの、裏話だね。
そんな事があったんですね。
katsuさんが、お祭りに行き
売り子さんしてるって驚いたけれど
katsuさん、変わったよね。
ミキは、嬉しい。
酔えない忘年会?楽しみですね。

カツさん
楽しいイベントだったねv-221

こういうこともたまにはないとねv-410

お礼

sakuさん
のあさん
ミキさん
つぢきゅうさん

コメントありがとう!

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク