苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

カツブログ-34/半年間のリハビリ


(注:オレンジ文字をクリックで関連記事にジャンプ。)



本格的なリハビリは「医療保険」で、管轄は「健康保健課」。障害福祉(障害者手帳)「障害福祉課」には一切関係ないようだ。だとすると障害福祉(障害者手帳)は本当に紛らわしい名前。

「医療保険」で行われる「回復期」のリハビリ約半年間しか出来ないと制度で決まってる。(9の「制度!制度!制度!」10の「最新医療を探して」、を参照。)だから半年でリハビリを打ち切らなきゃなんないんだけど、患者にそれを言わず「これ以上の回復は望めないから終わり」なんて言ってしまうリハビリの先生がいる(俺はズバリこう言われた)。出来なくなるのは制度のせいなのに、まるで俺が悪いみたいじゃね ? ここは日本だから良いけど、欧米だったらむしろ限られた期間内に何かしらの成果を出せ無い人は「脳無し」って言われるんじゃなかったっけ ?
そんな事を言うのはスティーヴ・ジョブズだけだっけ ?

俺はリハビリする人は誰もが少しでも良くなりたいし、将来的には治りたいと思ってるんだと疑わなかったが、そう思わない人もいて、例えば 80代、90代の人なんかは、「どうせもう長く無いんだから、今更リハビリで痛い思いはしたくない」と、こんな人も多いらしい。制度ってヤツはこう言うリハビリをしたく無いK.JとK.Bの事は先の先まで考えられているが、リハビリ頑張って少しでも良くなろうとする発展途上の人の事は全く考えられて無い。

そりゃ、俺だって 80代とか90代まで生きてたとしたら、年齢的に身体にガタが来て調子が悪くなる一方なんだろうし、何がどう悪くなってるかなんて今はまだ判らないけどさ。だけど今は良くなる事の方が多いんだからしょうがないじゃないか。実際、俺がリハビリしてるリハビリ室でもリハビリを嫌がるK.JやK.Bをよく見かける。「リハビリしたくても制度のせいで出来ない人もいるのに」と思う。こう言うイヤがる人達と発展途上の人達を分けるべきだと思う。せっかく発展途上なのに半年しかリハビリ出来ないんじゃ良くなるモンも良くなんないし、せっかくここまで良くなってるのに勿体ないと思うし、凄く中途半端だ。

それにあんなに嫌がられたら、少しでも良くしようとしてるリハビリ病院や、リハビリの先生達の存在が「意味ないじゃん ! 」って事になる。リハビリの先生達もヤル気ゼロのK.JやK.Bが相手じゃ張り合いが無いだろうし気の毒だ。リハビリしたくないK.JやK.Bは家族に無理矢理させられてる人もいて、そんな人は気の毒だと思うけど、発展途上でリハビリしたがってる人が半年で打ち切られるのも気の毒だ。半年じゃ成果が判らない。コレからって時に打ち切られたんじゃ、本人だけじゃなくリハビリの先生達だってガッカリなんじゃないのかな ?

「医療保険」での「回復期」のリハビリが半年で打ち切られると、コレしか他にないので「介護保険」でのリハビリに移行する人が多いが、「介護保険」は基本的に65歳からなので周りは確実にK.JやK.Bばっかになる。若い人がいたとしても(若いって言ったって)脳がやられた40歳以上65歳未満の人だけ(脳卒中は40歳からの特例の為)。年齢の制限が無い「医療保険」でのリハビリの時もK.JやK.Bが多かったが、スゴ~く若い人もいた。でも基本65歳からの「介護保険」でのリハビリにはそこまで若い人は確実にいない。

一般的に「医療保険」でのリハビリと「介護保険」でのリハビリでは内容が全然違う。「医療保険」の時みたいなリハビリの先生がマンツーマンで相手してくれる事はなく、「介護保険」でのリハビリは大体が体操のお兄さんみたいな人が一人いて幼稚園のお遊戯みたいな事を大勢のK.JやK.Bと一緒にやる。今はもっと本格的なリハビリをやってる所も在るみたいだが。

「介護保険」でのリハビリでは17の「妖怪人間」にも書いたような単に足腰が弱っただけで、難無く歩いてる何処が悪いのかサッパリ判らないK.JやK.Bばっかになる。つまりこう言う65歳以上のK.JやK.Bの為に「介護保険」はあって、俺みたいな40歳以上65歳未満の人の保険は無く、脳卒中の40歳以上65歳未満の人達が、脳卒中の人とは限らない65歳以上のK.J K.B達と「介護保険」で一緒くたにされてるから本当に始末が悪い。だから65歳以上のK.JとかK.Bのくせにパー車じゃないヤツもいて、難無く立ったり歩いてるしてるなんて何かムカつく31の「やっぱダメだ」にも「K.JやK.Bと一緒にすんな ! 」と、書いたが、「介護保険」では一緒くたにされてる

40歳未満の人には「介護保険」でのリハビリも受けられないから「医療保険」での「回復期」のリハビリが半年で打ち切られたらもう他に行き場が無い。例え発展途上だとしても、10代や20代だとしても、脳卒中の人は40歳になるまでは受けられない。若ければ若いほど良くなる可能性があるのに40歳まで待たされる。この制度ってヤツは若い世代の事は何にも考えてくれてない。でも、そうは言っても俺もそうだけど、K.JやK.B達とお遊戯なんか誰もやりたがらないんじゃないかと思うんだけどねぇ。若い世代の人なら尚更。だって俺はお遊戯なんかやりたくないもん。ソレもよりによってK.JやK.B達となんか絶対イヤだ

リハビリ病院に行くと「もう良いんじゃね ? 」と思っちゃうK.JやK.Bもいる悪いけど。いくら俺でも真剣にリハビリしてるK.JやK.Bは良いと思うんだけど、でも俺のCD「エスキース」のライナーにも書いたが、K.JやK.Bは今更リハビリしても三途の川を渡る練習にしかならないんだから「介護保険」とかでお金を掛ても無駄な気がする。でもその辺りの事は俺なんかよりも国の方が抜け目無く考えてるだろうからこう言われそう。「若い人はまだまだこの先何十年も生きるからその分お金が掛かるけど、高齢者はどうせ後何年も生きないんだからその分出すお金が少なくて済む。どっちが得かよ~く考えてみよう」。
実際にそう言われた訳じゃないから本当の所は判らないけどさ。
















コメントを書いて下さる方は、
下 ↓ の「Comment」をクリックして下さい。

≪ カツブログ-35/病院で年越しホームカツブログ-33/ピーターパン・シンドローム ≫

Comment

保険

制度によってあきらめざるをえないなんて…
ほんとに必要なことや人が使える仕組みにして欲しいですね

半年後・・・

俺も半年後に、リハビリの中止が決まりました。

でも、はやり麻痺手を動かさないと、硬縮してしまう。
だから、毎日接骨院に通っています。
「痛い」と言えば(書けば)、保険が通る業界です。
もう3年通って・・・少しでも硬縮をさせないよう努力しています。
本当に何の為の「制度」なのかわかりません。     のあ

katsuさん、こんにちは。。
なんだか???ばかり出てきました。
本当に頑張ってないKJやKBに使うお金と
時間があるならkatsuさんたちに回してほしいです。

保険

カツさん。こんにちは。
厚生労働省は
●医療保険の赤字解消を介護保険にさせようとした
●介護保険の現場に脳卒中の人の受け入れ態勢が出来ていないのに制度を進めた。
●脳卒中は老人のかかる病気とみた。
●脳卒中の人でもSTのリハが必要な人は医療保険でリハが出来る。これに不公平感が有る。
多分、介護保険の現場にはSTさんはほとんどいないからかも。

と改正の時に聞きました。この古い情報ですので間違いが有るかもしれません。
脳卒中が原因ではない障害を持つ65歳以上の人は介護保険と
医療保険の両方を使って週に何回もリハしている人もいます。
片方だけで十分だと思いますが。

「若い人はまだまだこの先何十年も生きるからその分お金が掛かるけど、高齢者はどうせ後何年も生きないんだからその分出すお金が少なくて済む。...」

なるほど、そう言うわけだったのですね。
納得です。
今頃気づくのはトロイですが。

こんばんは!

日本の医療制度はいずれ崩壊すると思います。
常に小手先の改革ばかりで、どこが抜本的改革だ!と思います。(`ヘ´)
ボコボコ穴だらけの制度ですね。

タカさん
のあさん
ミキさん
たんぽぽさん
ふーみんの姉さん
風さん

コメントいつも有難うございます。
次回も宜しくお願いしますね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク