苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

カツブログ-37/水野病院


新井薬師の傍の水野病院は周りの建物も水野病院の建物が驚く程多くて、普通の民家の隣まで水野病院の建物だったりして、町全体が水野病院で、今考えるとアレは異様な光景だった。
俺は「水野帝国」と呼んでいた。

その水野病院は約6年前、妻がどうしても大阪に帰らなければならない事があって、その間の俺が介護受けた「業平ホーム」と言う老人ホームの次ぎに行った病院で、ショート・ステイ約半月程療養病床に入院した。

実はそれ以前からこの病院には外来リハビリで通ってた10の「最新医療を探して」でも書いた「慢性期」でもリハビリ出来る病院だった。このショート・ステイ中もリハビリは毎日あった34の「半年間のリハビリ」で言った通り、医療保険のリハビリは「回復期」の約半年間しかリハビリ出来ないのが一般的だけど、昔々のこの頃はまだ現在程はそんなにシビアじゃなかったから「慢性期」でも受け入れてくれる病院も在った。

一応、P.T、O.T、S.T、があって、週一回だけ外来リハビリで通ってた。リハビリはそれなりに充実してたが、ショートステイの短期間であっても入院してみると 6 の「暴言」に書いた通りのかなり酷い扱いを受けた。この時の事は一生忘れられないだろう。俺は元々執念深いタチなんだから。外来リハだけじゃ全然判らなかった。とにかく酷かった。マジで殺されると思ったもん。だから俺は「監獄」って呼んでた。
そう言えばリハビリの先生が「訓練してせっかく出来るようになったのに病棟では全く活かされてない」ってこぼしてた。

実際こんな事があった。俺はトイレに連れって欲しいと看護婦に頼んだが、立てないからダメとか車椅子に移乗出来ないからダメとか何がかんだと理由(言い訳)を付けて断られた。それで俺は「リハビリの時はリハビリの先生に介助して貰いながらも立ってるし、車椅子にも移乗してる」と言ったらビックリする事に、その看護婦はこう言った「むこうはプロ ! 」。
えっ ?! 看護婦もプロじゃなかったっけ ? そりゃ P.T のプロじゃないけど、パー車に移乗させたりトイレに連れてったりするのは何の資格も持ってない素人の妻にだって出来るんだから、資格を持ってる看護婦がそんな事も出来ないのはマズイんじゃないの ?
今後また同じ様な事が間違いなく必ず起きるけど「業平ホーム」と「水野病院」だけは絶対に嫌だ。この際、もうその時は大阪まで付いて行こうと思ってる。

35の「病院で年越し」にも「今は簡単に出来る事がまだまだ出てきそう」って書いたけど、最近気付いたのだが、俺は歯磨きの最後に正確な名称は判らないんだけど ♪お口クチュクチュ♪モンダミン♪ みたいなヤツをする(俺はピュオーラ)。キャップに取ったその薬液を一気に吸うんだけど、以前は少し飲んでしまったり、キャップ1/3の薬液を吸い込めなかったりして、いっつもキャップに薬液が残って勿体ないと思っていたのだが、それが最近は残らないで一気に吸い込めるのだ。どうりで最近は麺類を食べるのが上手い訳だ。歯磨きは毎日の事だから知らぬ間に吸い込む訓練してて、その結果、麺類等を吸い込むリハビリになってたのだ。

それから、この身体になる前のクセで、でもクスリを飲む時には誰もがやると思うんだけど、首を振ると言うか口に含んだ錠剤のクスリを喉の方に移動させる仕草。以前はうっかりコレをやってしまうと必ずムセて大変だった。ところが最近はワザとやっても全くムセ無い

コレも恐らくピュオーラ・リハビリのせいだと思う。













コメントを書いて下さる方は、
下 ↓ の「Comment」をクリックして下さい。

≪ カツブログ-38/オッシャレ~ホームカツブログ-36/最近のぼやき-4 ≫

Comment

怖い病院ですね~(^-^)

それは恐ろしい病院ですね~。

ほんまに看護師のよし悪しで病院は天と地ですね(^-^)
その時は大阪までついてきて下さいね!

ADL

ADLが出来るようになるのがリハの最終目的。
PT、OT、STリハはそれが出来るようになる訓練。

カツさんは意地悪看護婦さんに負けず
サリーさんとの毎日でADLを達成されているのでv-217
これからも一つ一つ達成して下さい。

思わぬリハビリ効果ですね~
ピュオーラ・リハビリ!
日常生活もリハビリですね。

こんばんは
ほんとに日常生活のひとつひとつがリハビリなんですね ピュオーラ以外にも気付かないうちに何かのリハビリになってる事がありそう~(*^_ ’)

ピュオーラ・リハビリですか!
またひとつ勉強しました。

看護師数

160万人も看護師がいれば、色々な人もいる。
一人が、カツさんに嫌な態度を取ったら、病院が
そういう目で見られます。 一人の看護師が悪いだけで、
160万人の看護師まで迷惑します。
国家免許は、性格は試験対象になりません。
これは医者も一緒で、性格の悪い医者や看護師に
当たれば、厚生労働省に申し出ても、免許を剥奪されることは
ありません。 保健所でも、こういう苦情が、来ていますと
管理者に伝える事はできますが、あとは管理者の判断に
ゆだねます。 こういう相談は沢山来ます。 
病院を変えたほうがいいかもしれませんと、伝える時も
多いです。                           のあ

ついていく?

katsuさん、
恐ろしい病院でしたよね。。
まだ他に、まともな施設はないんだうか。。
大阪までついていく?
うん、katsuさんの気持ちに寄り添うよ。。

無茶苦茶な病院だねぇ

こんな態度は、この看護婦一人だけなのかもしれないけど、一人でも、のなさばらす病院の教育であったり、体制を疑うよねーー;

きっと金儲け体質の病院なんだと思って読ませてもらってます・・

そんな病院でも、行かねばならない立場だったんだよね・・

家の近くにも、お城みたいな病院あるけど、長期間預かってもらえる数少ない病院の一つです。

でも、看護婦がちっとも見に来てくれなくて、ひどい床ズレになっちゃうとか、あそこからは生きて帰れないとかイイ噂は聞かない・・

これって、看護婦の資質ぢゃなくて病院の経営方針のせいだと思うよ!!

って、久々のコメントでした ^^


カツさん・・最近更新してないの淋しく思ってるよ!!

カツさんのボヤキってか、怒りは外向きで『陽』
オレの怒りは内向き(自分向き)だから『陰』

だと思ってるんだ。。


外向きの怒りってパワーがいるんだよな。。

今年もパワー溢れるカツさんを見せてね^^!

カツさん

筋肉痛出てるv-362

それもまた前進の証だねv-218

お礼

ならずものさん
たんぽぽさん
風さん
タカさん
ふーみんの姉さん
のあさん
ミキさん
つぢきゅうさん

コメントいつも有難うございます。
次回もヨロシクね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク