苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツブログ-45/訊いてないよ~



妻も俺も以前からボトックス治療に強い関心があったから、その効能や保険の事はそれなりに結構熟知してた。

俺の踵は硬いので立ち上がったり歩行訓練の時地面に着かない。するとドロボーみたいに爪先立ち/爪先歩きになってしまう。俺の踵が硬い原因を正確に調べた訳じゃないけど「痙性」と言われてる。それを緩和するにはボトックス治療が俺の踵にはかなり有効らしい。だからこそ余計に詳しく調べた

前にも言った通りリハビリ病院に行くと最初に医師の診察がある。勿論、妻も同伴だ。
或る日の診察の時、例のK.J医師が、
先日のカンファでボトックスを希望されてると聞いたんだけどボトックス注射をしたからって歩ける訳じゃないんだよ
ハイハイ分かってますよ。そんな事は百も承知してるっての。俺の硬い踵の緊張を少しでも緩めて歩行訓練の効果を上げる為で、ボトックスが根本的な治療じゃない事くらい知ってる。
それと問題がもう一つ。
保険適用されてないから注射一本で何十万もするよ

これには流石に妻も俺も「はあ ?! 保険適用になったのを知ったから紹介状を書いて欲しいと頼んだんだ。他の医師に!
もうとっくになってますよ」と妻と俺。
いや、まだなってないはずだ」とK.J医師。
あー面倒臭ー ! それこそ目の前にP.Cが在るんだからネットで調べれば一発で分かるのに。誰か他にボトックス治療を希望してる人がいても、こんな間違った事を医師に言われたら信じてしまって諦めてしまう人がいるんじゃないかと思う。

そもそも妻も俺もこのK.J医師にはボトックスの事は一切話しもしてないし相談もしてない。今後もこのK.J医師に相談する事は一切何にも無い。皆無だ!俺にしてみれば、「知りもしないくせに顔突っ込んで来やがって ! 最初っからあんたには訊いてないよ ! 」である。ケースワーカーによると以前にもボトックスの紹介状の依頼を承った事があって、ボトックスが保険適用されてる事を当然知っていた。ケースワーカーでも知ってる事を医師が何で知らないんだろう ? それも依りに依ってリハビリ病院の医師なのに・・・。

リハビリ病院の医師が例えば大腸ガンの最新医療に疎くても専門分野じゃないんだから仕方無いと思えるけど、ボトックスはリハビリの分野なんだからリハビリ病院の医師がよく知らないのはマズイと思う。

何かのバラエティー番組で誰かが「じゃあ、何なら出来るんですか ? 」って言ってたのを思い出した。


それから驚いた事が在った。日本中が大騒ぎでTVのニュースでもその事件一色だった頃の事だ。診察の時K.J医師が
大変な事になってるね。ニュースは見たかね ? 」と俺に話し掛けてきたが、
話したく無い俺は言葉では何も返答せずにただ頷いた。そしたらそのK.J医師は妻に
ニュースを見てもちゃんと理解出来てるかね ? 」と訊いた。
つまり驚いた事に俺を今までずっとクルクルパーだと思っていたのだ。でもカルテに俺がクルクルパーか否か書いてあるはず。何だかムカつく

丁度その頃、TVで始まった医師のドラマ第一話が脳出血の患者の話で、その患者は本当は話せるんだけど担当医の事が嫌いで、口利かなかったらカルテに「コミュニケーション不可」と書かれてしまう。それと同じで嫌いな医師でもちゃんと話さないとどんな風に思われるか判らないと妻に怒られた。が、このK.J医師以外の人とは結構沢山話してるから、万が一このK.J医師が俺の事を「コミニュケーション不可」と評価しても誰も信じない。いい加減、嫌われてる事に気付いて欲しいよ。


それから俺がよく使う「K.J」や「K.B」を「高齢のジイさん」と「高齢のバアさん」の事だと思われてるけど、それは全く違う。解答はとてもじゃないが書けないので略語にしている。
























コメントを書いて下さる方は、
下 ↓ の「Comment」をクリックして下さい。

≪ カツブログ-46/カモホームカツブログ-44/中途障害者生活(後編) ≫

Comment

同感です

おっしゃるとおりです
こんな医師がいることは本当に恥ずかしく情けなくて涙が出てきました

カツさんとサリーさんのブログにいつも感動して胸が締め付けられますが今回は別の意味で涙がこぼれました

何の力にもなれなくて本当にごめんなさい


ボトックス 痛かったようですね
頑張りましたね
結果が良さそうなので嬉しいです


KG KB

カツさん こんにちは。
こういう医師 私のいたリハビリ病院にもいました。

「お前こそリハビリした方がいいんじゃないの?」と何回言いそうになったか…
昼食の時間になると現れて、 背後から背中をトントン、「食べられるようになって よかったねぇ」 こっちは嚥下障害だったんだから、食べてる最中に背中をトントンじゃ ムセるって

ドコにもいるんだ~ああいう医者。とは思いたくないですね。

カツさんの書く「KG KB」の正解 私は解りますよ。書けないけど(笑)

次回もすごい楽しみです。

アハハ~

KATSU兄、こんにちは。
随分笑わせてもらいました^^
KJ医師は、何者???
KATSU兄が、クルクルパー?
ホントおもしろい~
随分ふざけたKJ医者だね。
お疲れ様^^

KJ医師

カツさん、お久しぶりー。
こういう医師、私が行ってるリハビリ病院にもいます。私なんか、「お前の麻痺はもう治らない。」と何度も言われました。「ではこのリハビリ病院では何ができるのか?」と聞くと、「寝たきりの人を救うためだ」という話が出てきます。要するにリハビリで機能回復をめざす」という考えがない。
大体、リハビリ科はなぜ、治らなくてもいいと考えてているのか? 普通の病気だと自分の病院で治らなければ、治せる可能性のある病院を紹介してくれるのが普通だと思うが、そういうこともない。いい加減だ。
暑いけど、頑張って下さいねー。熱中症にさえ気をつければ、寒いより良いですよ。寒いと腕が痛いですからねー。
K.J, K.Bは多分これだろうなーと思うのはあります。書けないですけど。

ボトックスうまくいって良かったですね。
応援してますからね。
ウチも負けずにがんばるぞ!

KJ、KBは私の想像とは違ったようです。

お知らせ

今回から俺のブログにコメントくれた人に「お礼」と一寸した「コメント返し」する事にした。
今までコメントくれてた人達には悪いけど、決して今まで無視してた訳じゃ無い。「今回はどんなコメントが来てるかなぁ」と心待ちにしてた。
「コメント返し」するには身体的に難しかったが、漸く余裕が出て来たので今回からになった。乞うご期待v-237

コメント返し

●健ちゃん-babaさん
コメント有難う御座います。外来のリハビリ、今日も頑張ろうとせっかく張り切っても、最初にK.J医師の診察だと思うと興醒めしますね。もう諦めてますけど・・・。

●まいどちゃんさん
コメント有難う御座います。嚥下障害だったんですね。一般的には治らないと言われてるので、治って良かったですね。今は何でもOKですか ? 俺は「何か今日はムセるなぁ」って時は大抵ゴマが使われてます。

●ミキさん
コメント有難う御座います。相変わらず変な医師でしょ ? 見た目は割と普通のK.Jなんだけど、その普通なところが病院では凄く紛らわしい。白衣も着てなきゃ名札も付けてないんだから。

●kenさん
コメント有難う御座います。本当にお久しぶりです。随分ハッキリ言う医師もいるんですね。リハビリの先生達と医師(特に診察だけの医師)には温度差が在る様な気がします。俺の主治医は、いつも俺の事を考えてくれてますけどね。

●ふーみんの姉さん
コメント有難う御座います。そうなんです。ボトックスの効果は今の所上手く行ってます。ただ、注射は結構痛かったですけどね。少し「チクッ」とすると聞いてたのに、実際は「グサッ」でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。