苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツブログ-65 / ぼやきデビュー(3)


前回の続きだが、一段と「自暴自棄」感が増してる。
後半はもはやピークに達している。
発病から2年しか経ってないからか、今とは違う意見/思いが多い。
口の悪さは自分でも笑っちゃう程。
いくつか差別的な単語や言い回しも登場しますが、ご容赦下さい。






例えば生まれ付き全盲/めくらの人だったら目に見える世界を知らないし、

見えるってどんな事かも分らないだろう。

見たいとも思わないかもしれない。

見えるって事が何となく怖いんじゃとも思う。

またはボケ老人の様にくるくるパーだったら、

それまでの自分の記憶を忘れてしまっているだろうし、

今の状態が生まれ付きなのかどうかももう判らなくなっているかもしれない。 
 
幸か不幸か俺にはそういう障害は無いので、

やはり健康で楽しかった時の事をどうしても忘れる事が出来ない。

倒れた直後の記憶も鮮明に覚えている。

自分の目玉が動かず、まるでカメラの手振れの様な視界で

救急車で広尾病院に搬送される一部始終を覚えている。

俺は「今日中に帰れるよね?」って救急車の中で寄添う妻に訊いた。

その問いに「うん。帰れるよ」と応えた覚えが在る。



一番最初 ICUで思った事は「ああ、『太陽が一杯』だ」である。

何日居たかは定かではないが 最初に運ばれた ICUの病室で

俺の向かい側のベッドにはあの有名なジャズドラマーのジョージ川口氏が居た。

当然、世良 譲氏や阿川泰子女氏などの豪華な見舞客も何人か来たが

俺には彼のベッドの傍らにずっと佇む黒い服を着た人陰の様な物が見えていた。

「あれは死に神か?」と思ったとたんにピーっというアラーム音が鳴り響き彼はこの世を去った。

その時妻は俺に

「有名なジャズ屋が死んで無名のロッカーが生き残ったね」と言った。

多分あの黒い人陰は迎えに来た死に神だったんだろうと思う。

その時以外にも、死に神らしい人陰とは何度も遭遇している。



身体障害者手帳という物がある。

俺もこれを渡されたが、

生まれてこの方こんな屈辱的な事は後にも先にも無いだろう。

つまり「お前は身体障害者だ!」と烙印を押されたのと同じ事なのだ。

自分が身体障害者だなんて今も気持ち的にとても受け入れられていないのだ。

しかしこの身体障害者手帳を受け取らないと

車椅子やベッド、家の改装工事などの費用が自腹になってしまうのだ。

そう妻に説得され屈辱を噛み締めながらこの手帳を受け取った。

これは俺だけかもしれないが同じ烙印を押されるなら、

アルパチーノの『狼達の午後』よろしく銀行強盗でもやらかして刑務所に入り、

「お前は前科者だ!」と烙印を押された方がアウトローっぽくてよっぽどカッコイイと思う。

少なくとも「障害者」よりは「マシ」だ!



この闘病生活も長く送っているとどうやら精神まで病んで来る様である。

数々の台風や地震の被害に合い亡くなった人は気の毒だと思うが

生き残った被災者達が「家が崩壊してどこにも帰れない」等と

仮設住宅や避難所で涙を流している姿を見ても

「いいじゃない、逃げ出せる足があって、瓦礫の下から這い出せる腕力があって」と

少しも気の毒に思わないし

「いっその事死んでしまえば良かったのに」と思ってしまう。

もし今の自分がその立場だったらそれこそ即死である。

逃げたくても自分の足では歩く事すら出来ないんだから。



俺を慰めようとして

「あなたよりもっと身体の具合が悪い人もたくさんいる」とか

「辛かったり苦しい時は楽しかった時の事を思い出しなさい」等と言う医者もいるが、

年代物のギターをガツーンと弾いた時の感動や

大型バイクのエンジンの鼓動や爆音を知っている俺には

それ以外の楽しかった事なんて何も無い。

それを味わえない今の俺には何の慰めにもならない。

反って逆効果だし惨めな気持ちになる。



リハビリを受る施設はどこもスポーツジムを小さくした様な所だが、

やはり病気の性質上「もういいだろう、これ以上長生きしなくても」と言いたくなる様な老人が多い。

「今更リハビリしたって今度は老衰が待ってますよ」

「三寸の川を渡る練習ですか?」と言いたくなる。

俺は自分を北朝鮮の拉致被害者と重ね合わせる事がある。

彼等と俺は自分の意志では何も出来ないのである。

北朝鮮ついでにテポドンでも東京に飛んで来て

「皆、一斉に死んじゃえばいいんだ」と心底思う。

もし一生回復しないと宣告された場合、俺には心に誓っている事がある。

カレー屋の前でわざとウンコを漏らしてやるのだ。

車椅子に乗っているだけで

どうせ他人からはくるくるパーに見られているのだから。


♪力の限り生きたから未練など無いわ♪

初音さくらと一郎「昭和枯れすすき」
http://www.youtube.com/watch?v=LsOoOg6RTdI




昨日のニュースで代々木公園に住みつくホームレスの特集を見た。

そのホームレスの中の一部には大企業の幹部クラスまで出世して

定年真際に突然リストラにあった人もいる。

そういう人は再就職するのが難しいらしい。

やはりプライドがそうさせるのか

今さらコンビニなどで若い店長の言う事なんか聞いていられない。

そう思ったら父親の顔が浮かんで来た。

何人かの諸君は知っていると思うけど、

実は父親が代表取締役社長をしていた会社が倒産して父親も母親も妹も自己破産した。

そのあおりをくらって俺も妻も自己破産だ。

母親方の親戚は父親に

「タクシーの運転手でもやったらどう?」などとまぬけな事を言ったらしい。

中小の個人経営とは言え代表取締役社長まで勤めた父親に

今さらそんな仕事が出来るわけがないし、

俺としてもやって欲しくない。



そんな大変な時にも出会いは突然やって来るものだ。

父親の会社が傾いていようと、

同時多発テロが起ころうと、

お構い無しにツインソウルの様な妻とは加速度的に恋に堕ちた。

妻は大変な時に俺と結婚したものである。

会社が倒産する前から父親は糖尿病を患い、

会社が倒産した直後には母親が子宮癌を患い、

全摘出手術を行って一応完治し元気にはしているがまたいつ再発するかも分らない。

その約1年後に俺がこのザマになり、

妹は腎臓を患い二つある腎臓の内一つしか機能していない。

人工透析になるのも時間の問題らしい。

俺の家系はもうボロボロだ。





ほぼ同時期に似た様な病気で倒れた著名人に

坂上二郎、西城秀樹、ミスター長嶋らがいるが、

西城秀樹は発病前と比べて80%程の回復であるらしい。

自分もその位の回復をしない限り

友人知人の前に出る事は二度とないだろう。





話は変わるが、

このCDが皆の手元に届く頃にはもしかしたら

俺はもうこの世にいないかもしれない。

なぜなら妻の同級生の強力なコネで

(俺の同級生達とは大違いで妻の同級生は皆本当に親切だ)

治験を受けるからだ。

治験と言うのはまだ認可されていない手術とか投薬とかを受ける事である。

つまり簡単に言えば人体実験を希望している訳である。

もし失敗して死んでも文句が言えない様に誓約書を書かされる。

今の俺には荒唐無稽な幸せなど何処にもない。

ただ一切は過ぎて行く。

または、どこかの病院/施設に入院/入所して

妻と離婚して介護から解放してやってるかもしれない。

その位しか今の俺が愛する妻にしてやれる事は無い。

♪夢の様な過去は過ぎて行く♪

『一人』デイブ平尾
http://www.youtube.com/watch?v=yvvMbJiqBSc


2005年10月22日  カツ




最後まで読んでくれた方お疲れ様でした。
超長かったけど、これでもだいぶ削って在る。
それと改めて言っとくけど、この文章に書かれてる「考え方」はあくまでも2005年のだ。
2014年現在は違ってるのも在るし、相変わらず今でも思ってる事も在る。


※コメントを書いて下さる方は、
下 ↓ の「Comment」をクリックして下さい。

≪ カツブログ-66 / ぼやきデビュー(4)ホームカツブログ-64 / ぼやきデビュー(2) ≫

Comment

正直ですね。

カツさんは正直ですね。
私ネットでの書き込みも構えるから
なかなか本音で書いていないかも知れません。

カツさんは正直よね。障害者手帳のくだりも
私も初めは同じように感じたけど
今、すっかりお世話になっています。

治験を受けられるそうですが
ほとんど完成している薬?だから大丈夫ですよ。
カツさんのブラックジョークでしょうけどv-7
また。

たんぽぽさんへ

早速のコメントどうもです。

俺は馬鹿正直に書き過ぎなんだと思います。
もう少しカッコ付ければ良いのに、何でもストレートに言い過ぎる。
気の利いた言葉も知らないし…。
昔も先輩から「歯に衣着せぬ言い方過ぎる」って言われてました。
もう性格だから仕方ないと諦めてます。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。