苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔を上げて、前を向いて。

最近のカツの回復ぶりにはめざましいものがある。
「移乗」がどんどん上手くなってきている。
なにかコツでもつかんだんやろうか?

先日、初めて入った歯科のトイレでの事。
初めての場所は、上手くいくかどうかいつもかなり不安やった。
どこをどう持ったら良いか、車椅子はどんな角度でつければいいのか・・・。

などと私が思案しているうちに、するするっと自分で座ってしまった。
おまけに今までは、家のトイレ以外では便器に座っている事も
かなり難しかったのに(体幹が安定しないから)
なんと平気で用をたしてしまったんや。
これには、見てた私の方がビックリしてしまった。

やっぱり「発症から時間がたつと回復は望めない。」なんてウソっぱちや。

私はカツの影響で、40歳を過ぎてから自動二輪の免許を取った。
自分の息子っていってもおかしくないくらいの
若い男の子達に混ざって、さんざん苦労した。
身体中、アザだらけになって、毎日シップと絆創膏だらけやった。

でも、その時言われたこんなセリフ。

「足元ばかり見てるから転ぶんですよ。」
「バイクっていうのは、視線の方向に動いていくんですよ。」
「自分が行きたいと思う方向に目を向けなさい。」

「もっと、顔を上げて、前を見て!」

カツの回復ぶりを見ていて、ふと教官のそんな言葉を思い出した。
それって何か、人生そのものみたいやなあ。

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。