苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れる病

何かの本に「脳卒中後は揺れる病」と言う言葉があった。

最近、本当にその通りやと思う。
もちろん体調も、寒くなると身体の痛みはひどくなるし、
足のつっぱり感や、むくみもひどい。

でもそれ以上に「心の揺れ」がひどくなる。

「俺は何の為に生きてるんだろう。」
とカツは言う。
「生きてても、お前に迷惑かけるばかり。」って。

もちろん、元気な時もある。
私が少しでも具合が悪くなると心配して
「早く医者に行って来い。」と言ってくれるし、
くだらない冗談で私を笑わせたりもしてくれる。
私が買い物なんかで留守にしている間はテレビのニュースを見ていて
帰ってくると「また、汚職だってよ。」とか教えてくれる。

でも、ふと気がつくと
妙に落ち込んで「ウツ」になっていたりする。

確かに、カツは一人では何も出来ない「要介護5」
日常のすべての動作に、他人の助けが必要や。

でもな、カツ。
私はカツに生きてて欲しいんよ。
どんなに手がかかっても、カツはカツ。
そやから「こんな俺は俺じゃない。」なんて言わんといて。

だってな、「生きる」って事は
「権利」やなくて「義務」なんや。

少なくても私はそう思ってる。


Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。