苺畑でつかまえて

カツ&サリー、闘いの記録

潜水服は蝶の夢を見る、って話

今、カツがお世話になっているリハビリ病院の看護士さんに、興味深い本を紹介してもらった。

主人公は、パリのファッション誌「ELLE」の編集長だったジャン=ドー、42歳。彼は、超一流の服を着て、超一流の食事と酒を楽しみ、超一流の旅を満喫して、超一流の女と戯れている、そんなちょいワルオヤジだ。だが、ある日、愛車のジャガーを転がして、パリ郊外の妻と暮らす子供たちの元へ遊びに行った帰り、彼の人生は急転直下する。脳梗塞を起こした彼は、左目の瞳と瞼の筋肉としか動かなくなり、左目の視覚と聴覚以外のすべての感覚がマヒしてしまう。

「ぼくは生きている。話せず、身体も動かないが、確実に生きている。

目の前に広がる暗闇…
視界が徐々に開けてくると、そこは病室らしい…
。」意識を取り戻した主人公は状況を把握出来ないが、やがて、自分が倒れ、昏睡から目が覚めたのだと理解する。
医者や看護婦がやってくる。だが、おかしい。「意識ははっきりしているのに、自分の言葉が通じない。しかも、身体全体が動かない。唯一、動くのは左眼だけ。つい先日までは、ELLE誌編集長として活躍し、人生を謳歌していたのに…。これなら死んでしまった方がましだ。」

そんな主人公に、言語療法士が、瞬きでコミュニケーションをとる方法を教えてくれる。言語療法士が苦心の末編みだしたコミュニケーションの手段だ。彼女が「E、S、A、R、I、N……」とフランス語単語の使用頻度順に並べたボードのアルファベットを読み上げる。彼は(聴覚はあるので)欲しい文字の時、2度ウィンクして1文字ずつ選んでいく。そうして20万回のまばたきの果てに完成するのが、ジャン=ドーによる自伝「潜水服は蝶の夢を見る」である。

たとえ身体は、肉体という檻に閉じこめられた“ロックト・イン・シンドローム”という症状に陥り、潜水服を着ているように動かなくても、蝶のように飛躍できるイマジネーションと記憶がある!そう確信して自伝を書き上げたのだ。

この作品は映画化され、2008年2月には公開もされているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれないが、私にとっては、とても他人事とは思えない話だった。かつては私もカツに「ひらがな表」を見せながら、何とかコミュニケーションをとっていたのだから。

何時間もかけて、単語をひとつひとつ拾うのは、本当に根気のいる作業。しかも、ようやく出来上がった文章が、必ずしもこの本の話の様に「前向き」な言葉ばかりとは限らない。それでも、そうするしか他に本人の意思を確かめる方法がなかったりする。それはもちろん本人にとっても拷問に等しい苦しみかもしれないが、そこに立ち会う家族にとっても地獄の苦しみである事を、私は知っている。

今は「ちょっと静かにしててくれない?」と思うくらいオシャベリなカツにまで復活してくれたから良かったケド、もしも、あのままだったら・・・?と想像するとぞっとする。

そして、今なお、この本(映画)の主人公と同じ様な状況に立たされている多くの無名の戦士の方々に、心からのエールをお送りしたいと思う。

≪ パソコン練習、開始!ホーム夢の暮らし ≫

Comment

私も映画を見落としたので、本を読みました。
私のブログでも紹介したのですよ。

タイトルは「潜水服は蝶の夢を見る」でした。
私は一時は重い服を着ているようでした。

おしゃべりのカツさんになられて良かったですね。

結婚しました

初めてコメントします!!

以前から、時々訪問させて頂いています。
(読み逃げでしたが・・・)
今日の更新を見てめちゃめちゃ応援したくなりました!!
がんばってください!!!!


>たんぽぽさん

いつも温かいコメント有り難うございます。
たんぽぽさんの「重たい服」も、軽くなって良かったですね。

私も映画は見ていないのですが、原作本の「淡々とした語り口調」がとてもリアルで、身につまされる思いで読みました。頑張ってフランス語で「あなたの作品に感動しました。」と手紙を書こうかと思ってしまったくらいです。(さすがに、それにはまだ少し時間がかかりそうですが・・・苦笑)

>ルカさん

初めまして!!
応援メッセージ、有り難うございます。

ルカさんの様に、全く知らない方からコメントいただけるなんて、思ってもいなかったので、物凄く感動しています。
頑張ってまたブログの更新を始めて、本当に良かったって、心から思っています。

どうかこれからも、ヨロシクお願いします!!


みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/illuminatemp/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

『潜水服は・・』のタイトルで、
意識回復後に最初に見た幻想を思いました。

それは、冷たい北極海の深い海底に沈んで行く自分でした。
両手足、指は、全然動かない。
だけど、足先、手の指は、ひたすら冷たく感じました。

女房に頼んで厚手の手袋、靴下を買って、
穿かせてもらいました。
でも手足の冷たさは、
それからも1週間くらい続いた気がします。
手足の暑い寒いなどの感覚は、
本当は遮断されていたハズですが。

とりとめもないコメントで、すみません。

こんにちわ( ̄▽ ̄)。

今日も・・・曇り空・・・いつになったら・・・晴れるの?

日曜日・・・朝から・・・パソコン見ています。

しつれいしました・・・


コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

プロフィール

katsutsun

Author:katsutsun
若くして脳幹出血に倒れ、中途障害者となったカツの毒舌ブログ。

古い記事はコチラ↓↓
カツブログ/過去記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク